<< 暴追拠点は元組事務所 全国初、... 「1Q84」第3弾、4月16日... >>

政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)

 渡辺周・総務副大臣は31日のフジテレビの番組などで、民主党内の政治資金規正法の改正論議に関連し、「公設秘書や出納責任者が選挙違反で有罪になれば、(議員が)知っていようといまいと連座制が適用され、当選が無効になる。カネの問題でも連帯責任を考えれば、厳しくするべきだ」と述べ、同法を抜本改正して連座制を導入すべきだとの考えを示した。

 政治資金収支報告書の記載ミスなど形式的違反を連座制の対象とするかどうかは「ケース・バイ・ケースだ」としたが、「(議員と秘書が)一緒にやった場合はそれなりの重いペナルティーがあるべきだ」とも指摘した。

 さらに、都道府県選挙管理委員会に政治資金収支を監視する第三者機関を作ることも検討すべきだとの考えを表明。報告書についても、「議員本人が確認したとしなければいけない」と語った。

<1歳女児虐待死>母親らを傷害致死罪で起訴(毎日新聞)
【中医協】脳血管疾患リハ料、廃用症候群の加算を新設へ(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>大型クラゲ駆除機の実証試験行われる(毎日新聞)
生後数日の女児を玄関先に置き去り 東京・大田区 (産経新聞)
前原国交相チクリ「私はメールで代表辞めた」(産経新聞)
[PR]
by zozngyojcy | 2010-02-07 20:52
<< 暴追拠点は元組事務所 全国初、... 「1Q84」第3弾、4月16日... >>