<< 派遣村 閉所 利用者の自立への... 大阪・富田林ひき逃げ 2審は実... >>

直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)

 第142回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が14日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、直木賞は佐々木譲さん(59)の「廃墟に乞う」(文芸春秋)と、白石一文さん(51)の「ほかならぬ人へ」(祥伝社)の2作に決まった。白石さんの父、故・白石一郎さんは1987年に「海狼伝」で直木賞を受けており、初の親子受賞となった。芥川賞は該当作なしと決まった。同賞で該当作がなかったのは、1999年上期の第121回以来、21期ぶり。
 授賞式は2月19日、東京・丸の内の東京会館で行われ、正賞の時計と副賞100万円が贈られる。 

【関連ニュース】
織田作之助賞に中丸美繪氏ら
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初
朝日賞に野田秀樹氏ら
報道写真で09年振り返る=1月9日から

小沢氏「検察と戦う」、首相「戦ってください」 異常事態、批判に同調(産経新聞)
首相動静(1月16日)(時事通信)
首相にふさわしい人に菅氏急浮上 産経・FNN世論調査(産経新聞)
<訃報>高野耕一さん85歳=元東京高裁部総括判事(毎日新聞)
「警官で試みた探偵小説」=直木賞の佐々木譲さん(時事通信)
[PR]
by zozngyojcy | 2010-01-21 10:02
<< 派遣村 閉所 利用者の自立への... 大阪・富田林ひき逃げ 2審は実... >>