<< 診療履歴をデータベース化=IT... 「健康づくり提唱のつどい」4月... >>

<奈良の妊婦死亡>遺族が控訴断念(毎日新聞)

 奈良県大淀町立大淀病院で06年8月、同県五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末に死亡した問題を巡る訴訟で、遺族側は15日、町と産科医に求めた賠償請求を棄却した今月1日の大阪地裁判決について、控訴しないことを決めた。

 大阪地裁判決などによると、分娩のため大淀病院に入院していた実香さんは、06年8月8日午前0時ごろ頭痛を訴え、間もなく意識不明となった。19病院に受け入れを断られ、午前5時47分、約60キロ離れた国立循環器病センター(大阪府吹田市)へ搬送。実香さんは長男奏太ちゃん(3)を出産したが、同月16日に死亡した。判決は「救命の可能性は極めて低かった」などとして、遺族側の請求を退けた。

【関連ニュース】
妊婦転送死訴訟:遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を
奈良・妊婦死亡問題
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「救急充実願う」大阪地裁判決言及 遺族請求は棄却
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 救命可能性どう判断 診断ミスも争点−−来月1日判決
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 「受け入れ体制作り必要」−−大阪地裁 /奈良

「おもちゃの王様」85歳で博士に…ギネス申請(読売新聞)
京都大「iPod」などに講義配信へ(読売新聞)
<衆院委>子ども手当法案を可決 高校無償化法案も(毎日新聞)
<原口総務相>自殺報道照会「今後、十分に注意」(毎日新聞)
JR不採用解決案に前原国交相が難色 平野官房長官は早期解決に意欲(産経新聞)
[PR]
by zozngyojcy | 2010-03-20 12:21
<< 診療履歴をデータベース化=IT... 「健康づくり提唱のつどい」4月... >>