<< 「健康づくり提唱のつどい」4月... Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医... >>

法勝寺九重塔の基礎を確認=東寺五重塔の2倍以上−京都市(時事通信)

 京都市は11日、市動物園(同市左京区岡崎法勝寺町)の整備事業に伴う調査で、平安時代後期に白河天皇(1053〜1129)が建立し、約81メートルの高さがあったとされる法勝寺(ほっしょうじ)の九重塔の基礎部分について、初めて規模を確認したと発表した。
 八角形の塔の基礎は1辺12.5メートル。基礎全体の面積は推定約750平方メートルで、国内に現存する最も高い木造の塔、東寺五重塔(同市南区、高さ約55メートル)の基壇(324平方メートル)の約2.3倍。
 試掘調査で確認された基礎の跡は、約2メートルの深さに直径約70センチの石が多量に詰め込まれ、粘土で固められていた。
 法勝寺は1077年に白河天皇が建立し、6年後に九重塔が完成した。その後落雷で焼失したが、1213年に臨済宗の開祖、栄西に再建された。1342年に再び焼失。寺は応仁の乱(1467〜1477)後に廃絶した。 

病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相 (産経新聞)
グループホームを一斉検査=7人死亡火災受け札幌市(時事通信)
<神戸ブランド浸透へ>17日から神戸セレクション販売会開催(毎日新聞)
<日弁連>会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に(毎日新聞)
参院福島に新人擁立=みんなの党(時事通信)
[PR]
by zozngyojcy | 2010-03-17 01:09
<< 「健康づくり提唱のつどい」4月... Dr.コトー 鹿児島の瀬戸上医... >>